オッズ理論革命:競馬予想]
競馬の予想は、競走馬の実績、馬場状態、調教タイム、騎手の成績等、様々なファクターからそのレースで上位にくる競走馬を選別する作業になります。 その様々なファクターが全てつまったものがオッズという事になります。 過去のオッズの傾向とレース結果から上位にくる競走馬を予想するのが、いわゆるオッズ理論予想というものです。
激レア!馬券情報
JRA創立以来50年以上にわたる膨大なレースデータはもとより、当社専属の専門家や関係者によって集められた一部の人間しか知りえない情報を、ありとあらゆるファクターを完全に網羅する独自開発の予想システムにより、過去に前例をみない『最高の勝率』を編み出すことに成功しております。
万馬券FAN待望
競馬レースには様々な不安要素が付き纏います。天候の変化、馬場の状態、馬の体調などはある程度レース前での判断材料になりますが、レース開始直後の出遅れ、落馬や落鉄、進路妨害など想定出来ないレース展開が結果に多大な影響を与えるのは言うまでもありません。

2010年05月24日

オークス 2010 結果

単勝 17 210円
    18 380円
枠連 8−8 1,750円
馬連 17−18 1,870円
馬単 17−18 1,520円
    18−17 2,020円
3連複 2−17−18 10,180円
3連単 17−18−2 20,460円
    18−17−2 24,290円
2010 オークス(G1) アパパネ vs サンテミリオン 写真判定同着
5月23日の優駿牝馬は、最終直線残り1ハロンあたりからアパパネとサンテミリオンの激しい叩き合いになり、そのまま並んで2頭がゴール板を駆け抜けた。15分近い写真判定の結果、2頭が1着同着となった。 これでアパパネは桜花賞に続く勝利でクラシック2冠馬となった。 サンテミリオン鞍上の横山典弘には初のオークスのタイトルをもたらし、調教師の古賀慎明もGI初制覇となった。そしてゼンノロブロイ産駒のGI制覇は初めてである。


次回G1>>日本ダービー

日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー/日本ダービー 2010/日本ダービー 2010/日本ダービー 2010/日本ダービー 2010/日本ダービー 2010/日本ダービー 2010/日本ダービー 予想/日本ダービー 予想/日本ダービー 予想/日本ダービー 予想
posted by コウタロウ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | オークス 2010